マレーシアでおすすめの観光地をご紹介していくブログです

ペナン島

ペナン島

マレーシアの観光地で知名度が随一といえるのが、ペナン島です。島の歴史も古く、イギリス人が1786年に初めて入植した土地でもあります。イギリス東インド会社が東南アジア進出の起点に「コーンウォリス要塞」を建てたことから、この島の町の建設が始まりました。マラッカ海峡に向かって並んでいる大砲を撫でると、子宝に恵まれるという言い伝えも残っています。

ペナン博物館には、ペナン島に関連のある諸民族を写真や絵画で紹介しているほか、歴史・文化・自然に関しての展示もあります。第二次世界大戦中の旧日本軍に関する展示もあり、ペナン島の様々な歴史にふれることができます。
博物館のすぐ近くには、1818年に建築された東南アジア最古のイギリス教会である「セント・ジョージ教会」があります。大理石の床と高い尖塔をもつ白亜の建物で、緑に囲まれてその建物の美しさをより引き立てています。「マスジット・カピタン・クリン通り」を南下していくと、色鮮やかな建物のヒンドゥー教の寺院「マハ・マリアマン寺院」にはダイアモンドが散りばめられたスブラマニアムと呼ばれる彫像や、マレーシア最大級のモスクである「カピタン・クリン・モスク」、美しい中国の彫刻があちこちにある「クー・コンシ」など、様々な文化に触れることができます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional